熱中症予防対策下でのマスク着用について

2020年6月9日

お客様各位

有限会社 共栄資源管理センター小郡

株式会社 環境サポート

代表取締役社長 野﨑千尋

熱中症予防対策下でのマスク着用について

日頃からごみの収集運搬業務等についてはご協力を賜りありがとうございます。
弊社では、新型コロナウイルス感染症の対策として、ごみ・資源物の収集運搬業務や指定袋等の配達時にマスクを着用して対応することを励行しております。
一方で、屋外作業は夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用することによって、熱中症のリスクが高くなるおそれがあることも指摘をされております。
このため、本年5月26日に政府から示された「令和2年度の熱中症予防行動」に基づき、6月9日から10月31日(状況により見直すことがあります)までの間の熱中症対策として次の取り組みを実施しています。

1. 路上でごみ・資源物の収集作業を行う場合は、熱中症のリスクを考慮し、適宜マスクを外します。
2.市民の皆様と口頭で会話を行う場合や、リサイクル協力店を訪問する場合、又は生活支援サービスでお客様宅を訪問する場合などにはマスクを着用して対応いたします。
3. 運搬業務で運転中は適宜マスクを外します。社員が複数乗務中でも適宜マスクを外すこともありますが、顔が向かい合っての会話は禁止しており、窓ガラスを開けて適切な換気を行います。
4.のどの渇きを感じる前に、こまめな水分補給を行うこととし、周囲の方との距離を十分にあけた上で、適宜マスクを外して休憩します。
5.社屋内勤務時は適切に冷房と換気を行い、引き続きマスクを着用してお客様に対応致します。
6.弊社では政府の緊急事態宣言の解除後も高いレベルでの新型コロナ感染症の対策(3密の回避、出勤時と昼食時の検温、手洗いや消毒の励行など)を行っています。

お客様には、ご理解を賜りますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

LINEで送る
[`yahoo` not found]