実は、Instagramで仕事の風景を毎日紹介しています!

画像

当社では、入社1年目の若手社員を中心にInstagramで日々の仕事風景を紹介するアカウントを運用しております!

当社に少しでも関心のある就活生の方々に、実際の仕事の様子をわかりやすく感じてもらうことができれば嬉しいです。

こちらからどうぞ↓

一部をお見せしますと、当社の3部門それぞれの仕事風景が垣間見られる画像ばかりとなっております。

例えばこんな感じで。

お仕事人での剪定サービスの様子。

事務所の勤務風景。

収集サービスの様子。

 

もっと見てみたい方は、へGO!

西日本新聞子ども記者の取材を受けました!

2017年4月に西日本新聞子ども記者の取材を受けました。

そして、5月17日の西日本新聞に取材記事を掲載していただきました。

小郡市内で子どもたちと触れ合う機会はありますが、「取材」という形で接するのは新鮮でした。
子ども記者の皆さん、ありがとうございました!

お仕事人サービスが密着取材を受けました

RKB毎日放送の地域情報番組『今日感テレビ』にて、当社姉妹会社である株式会社環境サポートが展開しているお仕事人サービスが密着取材を受けました!
2016年10月18日火曜日(13:55~)より、「~特集2:密着仕事人~お悩み解決!便利屋24時~」として放映されています。

RKB毎日放送 今日感テレビ

熊本地震 災害ごみ処理にGWを返上してボランティアで出動

熊本地震の影響で被災地では生活ごみやガレキ等の災害廃棄物が多量に発生している現状に対し、
GWのお休みの間に5月3日、5月5日、そして5月7日の3日間延べ49名の社員及び延べ27台の収集車が現地支援を行いました。

5月7日土曜日テレビ西日本のニュース番組「みんなのニュース」にて弊社の活躍が報道されました。

今後も可能な限り現地支援を行い、被災地復興に少しでも尽力できれば幸いです。

下記の画像はニュース報道のものとは異なります。
822

20160505_243

中小企業白書に当社の取り組みが掲載されました

中小企業庁のホームページに「中小企業白書(2015年版)」がアップされ、第2部 第2章の307ページから308ページにかけて、今年1月に当社で行われた「大人の武者修行」の様子が紹介されています。
 
本年度は当社からも他社へ修行に出られるよう、鋭意努力中です。

中小企業庁 「中小企業白書(2015年版)」はこちら
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H27/PDF/h27_pdf_mokujityuu.html

11143661_869232443138558_7031414449453101371_o11181789_869232439805225_188148659188398316_o

『2014キャリア支援企業表彰』受賞が新聞に掲載されました

2014年11月26日従業員の主体的なキャリア形成を積極的に支援している企業として厚生労働大臣より表彰をうけましたことが12月8日付の循環経済新聞に掲載されました。

当社に定年まで働いていただくための仕組みづくりや定年後の再雇用、若い職員が切磋琢磨し自己の能力向上や幸せなライフプランを描ける会社になれるよう今後も全社一丸となって取り組んでまいります。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/20141107careerhyosho/
10690159_785489484846188_1267704721573994398_n

「見守りネット110」の委嘱式が新聞に掲載されました

小郡署で行われた「見守りネット110」委嘱式の様子が毎日新聞と西日本新聞に掲載されました。「見守りネット110」に参加する企業(10社)が協力し、通常の営業活動を通じて、地域の身近な防犯情報を警察に通報するしくみです。通報の内容により、小郡警察署は小郡市・大刀洗町の各行政機関と連携を図り事件や事故に速やかに対応が可能となりますし、高齢者の行方不明情報や不審者情報、空き巣被害などの詳細な情報を地元企業が共有することで捜索のお手伝いも可能となります。
小郡市内をくまなく廻る当社の業務を生かし、お役に立てるよう気を引き締めて活動してまいります。皆様のご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

10351067_762647373797066_1545788544686763818_n

10712901_762647030463767_839388614452353835_n

認知症サポーター協力の取組が新聞に掲載されました

2014.7.31 当社において小郡市地域包括センターと市内にある高齢者福祉施設にお勤めの方をお招きし、「認知症サポーター養成講座」を開講しました。2009年に続き二回目の開催となりましたが、小郡市内をごみの回収作業を行う職員に認知症についての理解を求め事故や徘徊を未然に防ぎ適切に対処できるように開催したものです。今や認知症は身内にも十分おこりうる現実です。これらも考え、今日からまた違った視点でごみの収集作業にあたれるよう尽力してまいります。

本日の西日本新聞朝刊にこの様子が紹介されました。ぜひご覧ください。

10375123_722349514493519_7173646139011686400_n